JR環状線・東西線 京橋駅から徒歩5分。外来診療・健康診断(人間ドック)・産業保健サービスの総合診療所。

医療法人財団医親会OBPクリニック

院長・理事長の挨拶

理事長からの挨拶

医療法人財団 医親会は、1960年に設立されましたが、現在、海上ビル診療所、多摩海上ビル診療所、マリンクリニック、OBPクリニックおよび、 りんくうタウンクリニックの5つの診療所を有するに至っています。医療環境の変化に対応して、絶えず医療技術と知識の向上に努めつつ、 東名阪の医療ネットワークを活かして、地域の皆様に安心して利用いただき、ご満足いただける高品質な医療機関を目指してまいります。

 

医療法人財団医親会
理事長 家中 隆

院長からの挨拶

このたび2014年4月1日付で、医療法人財団医親会OBPクリニック院長として就任いたしました。

当クリニックは1991年1月に東京海上日動メディカルサービス株式会社と提携する第3番目の診療所として国立循環器病センター、 大阪大学医学部附属病院など阪大系の医療機関との連携の下で、幸循会OBPクリニックとして開設されました。

 

2014年4月1日から、海上ビル診療所(東京)、多摩海上ビル診療所(東京都多摩市)、マリンクリニック(名古屋市)及び、 りんくうタウンクリニック(大阪府泉佐野市)とともに医療法人財団医親会としての5つのネットワーククリニックとなりました。

 

大阪ビジネスパークの高層ビルの快適な環境の中で、人間ドック、生活習慣病健診、婦人科検診など各種健康診断、 内科、眼科、皮膚科など各科外来診療、消化器内視鏡、CT、超音波など各種検査を実施し、生活習慣病をはじめとする各種疾病の早期発見、早期治療に努めています。また産業医学の面でも、産業医活動を通じて企業の社員の皆様の健康管理をサポートしています。

 

2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、超高齢化社会となります。このことに対応して社会保障と税の一体化改革の中で、 医療体制が大きく変わろうとしております。
高齢になる前の中高年の時期に生活習慣病などの疾病を早期発見、早期管理をしておくことはこれまで以上に、より一層重要なことになっております。

 

OBPクリニックの経営方針にありますように、2025年までに激変する医療体制の中で、健診業務など予防医学、産業保健業務、外来診療業務などを、 地域の他の医療機関と連携して機能分担を行い、質の高い医療を提供し、地域医療に貢献することを目指したいと思います。

 

OBPクリニックは受診者の皆様の信頼を何よりも大切に考え、大阪大学医学部等と連携して、最新の設備・医療機器による 良心的な健康診断とフォーローアップを兼ねた二つの部門を併設し、皆様の健康管理のお手伝いをさせて頂いております。

医療法人財団医親会 OBPクリニック
院長 惠谷 秀紀

ページトップへ